とまログ

https://twitter.com/tomato_present

ACL

久しぶりに書きます。

 

このブログ自体そんなにニーズは無いのわかってるけど、レッズのこととなったら尚更ニーズ無いのわかってるけど、書かなきゃ冷静に戻れないと思って筆をとりました。(キーボードカタカタ

アジアチャンピオンズリーグというサッカーのクラブチームアジア一位を決める戦いがありまして、日本からは我らが浦和レッズと、強豪川崎フロンターレが準々決勝で激突というお互いのサポ以外全く興味のない民放でも放映されないがしかし、アジア王者を決める試合がありました。

ホーム&アウェイ方式で行われるこの対決は、1レグで川崎3-1浦和という結果を受けて、2レグを迎えました。

 

レッズが勝ち上がるためには、2-0で勝つか3-1からの延長で勝つか、3点差付けて勝つかという条件となり、一方フロンターレは引き分け以上ならOK、負けても1点差、2点以上とっての2点差なら勝ちという楽々条件でした。

しかも昨年から川崎には4連敗という圧倒的に悪い条件下で試合が始まるのですが、贅沢は言わない。1回勝ってくれ。得失点差でACLを譲ってもいい。ただ同じチームに負け続けるのは精神衛生上よくないので、今日だけは勝ってほしかった。そんな気持ちで北ゴール裏に陣取った。でも1点先制したらなにかあるかなと期待はしていた。選手入場から応援が始まって声とジャンプ。試合開始10分で汗だくになった。そして淡い期待も前半に先制されて、今日もボロクソに負けんのかなって身体は熱いのに、体温は冷たいという感じだった。落胆したし周りも罵倒の嵐だった。
でも勝ち試合を見に来たわけでも負け試合を見に来たわけでもない。どんな結果でも今日は応援しに来たんだからと思って声を張り上げた。そしたら興梠が1点返してくれた。



 

 

引退

浦和レッズ鈴木啓太選手の引退試合があった。
レッズのOBと同世代の日本代表が集まるメンバー豪華絢爛な引退試合で、参加した人も見た人も心が温まるような時間と空間だった。

 

自分は社会人の引退も散々見てきた。
ありがちな会社の送別会。結婚式の2次会を借りきったイベントの送別会。送別会もなしに会社のドアを去っていく人。引退もせずに死んじゃった上司。
いろんなバージョンを見てきた。

送別会をやってもらうためには、その人が好かれてないといけないのだと思った。
ではどうやって好かれるのかと考えたら、その人がみんなのことを好きでいてくれたのだと思う。
好かれるのは難しいけど、人の良いところを見つけて好きになるのは自分にもできる。
人を好きになるという感情は無条件で良いことだと思ってる。
好かれるために社会人をやってるわけじゃないけど、先輩たちが自分のことを好いてくれたように、自分も人を好きになろうと思う。

その連鎖がコミュニティを幸せにすると思う。
最後には自分を幸せにしてくれるのだと思う。

ファンからサポへ

昨日ようやくレッズが連敗をストップしてくれた。
悪夢のような6月だったぜ。

レッズの試合を初めて見たのは前世紀の駒場時代。相手はガンバ大阪だったと思う。
スタンド一面赤で埋め尽くされて、ガンバサポ少ししかいないのに負けたのが印象的だった。こんなにお客さんがいるのに負けるのかーって。
その後はポンテ、ワシントンがいた黄金期に一度だけ。レッズ自体は気になってたけど、Jリーグ自体に興味は無かったかな。日本代表戦はテレビで見てたくらい。

キッカケは2013年に会社の先輩が巨人戦のチケットをくれたこと。その先輩自体はサッカー好きだったの知ってたので、今度レッズの試合連れてってくださいとお願いしたら、翌年叶ってレッズ対徳島の試合を見に行った。まあ格下なので勝ったのだけど、その時は雨でつまらない試合してて、こんなもんかなって思ったくらい。ゴール裏の応援が熱かったなって思ったことが印象的だった。そのシーズンも優勝争いしてたのに興梠が怪我して離脱。そう聞いてなぜか現地で応援しなきゃと思って自分でチケット買って日産スタジアムに駆けつけて勝ったんだけど、結果優勝は出来なかった。

翌2015年2シーズン制が始まり、レッズの連勝劇が開幕。
んだよつえーなら見に行くわ!とガンバ戦のチケットを買って埼スタへ。
結果1-0で勝つんだけど西川が宇佐美のシュートをドシャットするところを目の前で見られてハマった。1stステージを無敗で制したご褒美に、ユニホームを買ってあげた。背番号は1。ユニを着て応援に行けるのがレッズサポの仲間に入れた気がして嬉しかった。そしてその年は行けるホームは行った。でも優勝は出来なかった。

2016年は行けるホームの他に鹿島、川崎、FC東京、横浜と関東近辺の遠征にも行った。年々行く試合を増やし続けて、ようやくルヴァンカップを制して栄冠。リーグもCSの最終戦2レグ。指定席観戦していた自分は後半ゴール裏に移動していた。声を張り上げていた。でもリーグは取れなかった。年間通じて圧倒的であったにもかかわらず。応援しかできない歯がゆさ。その応援も満足にしたわけでもなく。

そして今年。シーズンチケットを買った。ゴール裏で声を出そうと思って。
前半戦を水曜日の川崎戦で終える。勝てば6位。負ければ8位。
レッズの試合を見始めてからこんな順位にいるのを見てなかったので正直ツラい。
スポーツなのだから絶対に勝つなんてことは無いし、優勝したチームが翌年優勝する保証もない。だからスポーツは面白いのだし応援するのだと思う。

来年から仕事も変わりそうなのでシーズンチケットを買えるのは今年で最後かもしれない。1年通してできるかぎり応援したいと思う。

攻撃的なレッズのサッカーは見てて面白い。ハマったときは鳥肌が立つ。
あと埼玉スタジアムが最高に気持ち良い。そしてゴール裏の熱い応援に心震える。
WE ARE DIAMONDSを歌って、タオマフ回してからのレッズコールで脳汁が決壊する。最高の瞬間。

お返しに僕らは声援を。

宝塚記念

今日キタサンブラックが9着に負けた。
自分のイメージでは宝塚記念はG1なかなか勝てない馬が、ここだけは勝つってイメージなので、1番人気が負けるのはよくあることかなと思ってる。
古くはメジロライアンマーベラスサンデー、サイレンススヅカ、メイショウドトウ。G1を勝てそうで勝てなかった強い馬の悲願G1のイメージが強い。
だからキタサンが負けてサトノクラウンが勝ってももまあそんなもんかなって思う。キタサンから買ったけど。サトノクラウンのダービー3着には儲けさせてもらったのに買えなかったけど。

キタサンブラックのお父ちゃんはブラックタイドディープインパクトのお兄ちゃん。ブラックタイドは結局G1取れずに終わったんだけど、筋骨隆々漆黒の馬体がめっちゃ格好良くて、貧素な馬体のディープよりよっぽどG1ホースっぽい馬体をしてた。
ヨーロッパではサドラーズウェルズって大種牡馬がいて、活躍してない全弟にフェアリーキングがいて、その息子に日本にも来たエリシオやファルブラヴが大活躍ってパティーンなので、ブラックタイドからG1馬がでてもおかしくない。
だからキタサンブラックみたいなチャンピオンホースが生まれることもあるわなと思っていたけど、母父サクラバクシンオーのおかげで、みんな中長距離不安視して人気なかったんだよね。でも菊花賞をぶっこ抜いて距離不安なんか無いわ!って見せつけて、宝塚負けたら「距離足らなかったんじゃね?」なんてツイッターで言ってる人いたけどそんなことあるかいな。自分が言いたいのは、

サンデーサイレンス産駒は狂気の血」

これをみんな忘れてるだけ。
ほんとねサンデーの直系は、みんなどこかで頭ぶっ飛んでて走るのやめんのよ。
スペシャルウイークの京都大賞典とか、オルフェーヴル阪神大賞典とか、ゴールドシップに至ってはゲートすら出なかったからね。
だから今回キタサンが負けたからといって、秋には何個か勝つので頭で買ってJRA貯金をおろしてください。

言いたかったことは、1回頭から買った馬は当たるまで頭から買えって事っす。
競馬は絶対が無いから面白いんだと、外れたビギナーに教えて上げてほしいです。

自分が外れ続けてるのは言わなくていいですよ。笑

出世

梅雨入りして紫陽花が綺麗な今日このごろ、昼休み手前の11時半、上司に呼ばれた

「ちょっといいかな」

これね異動なんすよ。

普段話しかけもしないおっさん上司が、「ちょっといいかな」って問答無用で仕事を止めさせて、人気のない部屋に連れてかれるの何度めかわからん。
俺転職して今の会社に入ってから7人の課長の下で仕事してきたんだわ。自分が異動したのと課長も変わったのと。
もう慣れたつもりなのに、またかよ嫌だよって思ったのだけど、今までと違ったのは昇進つきだった。
でもやったことない仕事。
なんでこうも毎回毎回ハードルが高いのかねって思うけど、もう運命なんだろね。
やったこと無い仕事だからビビって辞退しようかなと思った時点で、初めての異動を打診されたときの「あ?!やったら!!」って思った若い自分に負けてんだなと思って悔しかった。やるしかねぇ。

異動なんかしたこともない後輩がその部署で課長になってるのを見てると、異動して経験してマルチプレイヤーになることが良いことなのかよくわからん。
ただやったこともない部門の常務から名指しでお呼びがかかったことは、ありがたいし誇っていいんだと思う。
課長になれるのはやっぱり嬉しい。

完全閉店

知り合いくらいの間柄。
会社の帰り道にある、田舎の国道沿い型洋服チェーン店があるんだけど、5月下旬から

   「完全閉店」

なんて仰々しく大きな文字をベタベタ貼って、いつもの閉店セールが始まった。
6月4日でめでたく閉店になったんだけど、そしたら次の日に産廃用のバケットが来てるの。ああ、改装してめでたく開店するのか~と思ってたんだけど、一向に改装が始まらない。
いやいや、そんなこと言っても開店するんでしょ?
ビビらせといて僕らが寂しくなったところで満を持して開店するんでしょ?
あれ?閉店してからもう1週間以上経ってるよ?
そろそろ開店しないと店舗の維持費が勿体無いよ?
ねえ、ねえ、ねえってば~


ウソだろ? 本当に閉店なの?(´;ω;`)ブワッ


だって、ここ閉店しちゃったら、僕の下着類はどこで買えばいいの?
今のアパートに引っ越してきてから8年以上、ここで下着買ってたのに。
ありきたりなパンツと靴下しかなくて、半ば義務的に買ってたけど、会社帰りに買えるというメリットがある洋服屋はここの他にしまむらがあったわ。

明日しまむら行こっと。

こってり寿命

題名見ただけでもしかしたら30代中盤以上はピンとくるかも知れね。
もうとまとさんはアラフォーなんだけど、こってりラーメンが食べられなくなりました。

食べられないの意味を言うと飲み込むときに吐きそうになる。飲み込みにくい。もはや身体がこの濃厚こってりを毒と判断してる。こんな時代が来るって義務教育で教えてほしかった!!

いやぁもうこってり食えないんすわ。あんなに美味しかったこってりが吐きそうになる対象なんすわ。

昔食えなかったしいたけが食べ立てるようになって、その理由もだんだん感覚器官が鈍感になって臭かったものがわからなくなったおかげで、旨味成分だけ感じられるようになって、なんだよ歳取るのもいいことあんじゃん!って思ってたら、逆に食えなくなるもんがあるんだね。

とまあ歳を重ねると「老化」をクローズアップされがちだけど、体感としてはもちろん老化もあるけど「変化」って言う方がしっくり来る。
例をあげると、

ウーロン茶は、苦マズ→ウマ→フツウ
麦茶は、ウマ→麦臭い→ウマ
ヨーグルトは、ウマ→乳臭い
しいたけは、劇臭い吐くわ!!→やっぱまだ微妙に臭い→くっそ旨!!!しいたけサイコー!!

こんな感じ。他にもいっぱい味覚に関する変化はあった。30過ぎたらビールだいすきになったとか。

書いてて思ったんだけどもしかしたら、今勝手にこってりラーメンの寿命が終わったって思ってるだけで、また美味しく食べられる時期が来るのかもしれないね。
来ないときはまた別の普通だったものが美味しくなるんだと思って、加齢を楽しんでこうと思う。

今回のオチは加齢はネガティブだと思ったけどそうでもないことに加齢して気づいたよってとこ。

またなアディオス・アミーゴ